助産師転職サイトで転職を有利に進める!

「どのような助産師が求められているのか」――ニーズを把握することが就職活動の一番のポイントです。 社会に出て仕事をするためには就職活動は避けては通れません。 ここでは、助産師の就職活動はどういった点に注意をするべきか?をテーマにお話します。

助産師不足と言われて長い年月が経過しますが、全く助産師不足は解消されずに現在でも売り手市場の傾向が続いています。 売り手市場だからと言って安易な考えを持つのは短絡的で条件が良い求人には応募が集中し競争率はとても高いです。

好条件と言われいても本当にあなたが満足する求人であるかどうかは別問題でしょう。 自分が「一番だ!」と思って就職しても現実とのギャップがあったりするのも事実です。 とりわけ新卒の助産師や看護師からスキルアップしてきた助産師の場合は経験したことがない新分野ですからミスマッチが起こりやすくなります。

こういった就職のギャップをなくして最も最適な職場に就職するためには<助産師専門の転職サイト>を利用するのが一番です。 専門特化しているサイトですから、これまであなたが積み重ねてきた実績や経験と助産師就職分野での豊富なネットワークをフル活用して高品質なサポートを無料で提供してもらえます。

昨今の助産師の求人マーケットの状況がどうなのかを分析しましょう。 単純に売り手市場という傾向だけでなく、より専門的な詳しい具体的な仕事の詳細情報を知る必要があります。 分娩介助に留まらず助産師の国家資格を活用できる勤務先は広範囲です。

中には地方自治体に勤務して地域にお住まいの女性の健康増進指導を担当する助産師もいますし、産婦人科に併設された助産クリニックで外来専門で仕事をする助産師もいます。 助産師トータルでみたニーズの中で、今のあなたにはどういった勤務先があっているのか検討することが必要ではないでしょうか。

そういった候補の中から「自分は何をしたいのか」「どんな助産師になりたいのか」というキャリアプランを立てることも重要なことでしょう。 求人マーケットの現状把握のみならず自分自身の把握も不可欠です。 目標が決まらなければ具体的な就職活動のロードマップが描けません。

このように考えると自分だけで解決せずに、助産師転職サイトで就職のプロのアドバイスや信頼できる第三者に相談して納得しながら就職活動をすることの大切さが見えてきます。

助産師の開業事情

助産師とは正常な出産を介助する仕事です。 異常のない出産であれば、助産師が中心になってお産を助けることになります。

近年では助産師外来を設置して、妊娠から産後までを全面的にケアする病院が増加してきました。 助産師外来において、助産師ならではの仕事と役割を充分に活かすことができます。

しかし、助産師は薬剤や産科機器を使用することはできません。 なので、帝王切開を必要とするお産などの異常分娩においては、医師をサポートする役割に回ります。

助産師は病院や診療所などの医療機関や、保健所、家庭などの様々なところで活躍していますが、助産師は『産院(助産所)』を開業する権利があります。

平成14年度には全国に730の助産所がありました。 助産師として働いている人の6.2%が助産所で勤務しており、病院勤務は68.7%、診療所は17.6%というデータが出ています。

最近では、自宅や助産院で出産を希望する人も増えており、需要増加に伴って助産院を開業する助産師もいます。 また、助産師は妊娠中の女性以外にも、性と生殖の健康に携わって、思春期や更年期にあたる女性を助ける仕事も行っていたり、虐待の予防や異性間の暴力の予防を行っている人もいます。

しかし、助産師は助産院を開業する権利があるにも関わらず、開業だけでなく存続も危ぶまれています。 改正医療法第19条が平成19年に施行され、助産院は嘱託の産婦人科医と病院を定めることが義務化されました。

ですが、産婦人科医が不足している現状や病院や診療所が連携を渋っていることもあり、一筋縄ではいかないようになったのです。 助産師は開業できるという権利があるものの、医師や病院からの承諾を得ないといけないという矛盾も問題になっています。

助産院というのはお産に関する様々なケアを発信してきました。 カンガルーケア、自然出産、母乳育児…多くの女性が求めているケアをつくってきました。 助産院がなくなってしまうということは、女性にとって深刻な事態だと言えるでしょう。

助産師のルーツと歴史を辿る

助産師は昔から助産師と呼ばれていたわけではありません。 『取り上げ婆』という職業として親しまれてきました。 産科医との区別がはっきりしたのは明治7年のことです。

まず、明治元年に太政官布達が公布され、関係法規が定められました。 それから数年経って明治7年になって、主要都市である東京・京都・大阪に医制が発布され『産婆』という名称に変わったのです。

この時に初めて免状制となりました。

さらに明治23年に、産婆規則、産婆試験規則、産婆名簿登録規則が発布されて新たな規定が増えました。 産婆の業務範囲が定められただけでなく、試験のことや資格、産婆名簿の登録が義務付けられ、全国において資質水準が統一されることになりました。

『助産婦』と呼ばれるようになったのは昭和23年からです。 昭和23年に護婦規則や保健婦規則などの保健婦助産婦看護婦法が統一され、助産婦と名称が変わりました。 それまでは県登録の免許でしたが、国登録の生涯免許に大きく変化を遂げたのです。

平成14年になって現在の『助産師』という名称に変わりました。 保健婦助産婦看護婦法から保健師助産師看護師法に改正され、現在に至ります。

助産師になる為には、まず国から許可されている助産師教育課程に入学しなければなりません。 そして所定科目を履修し、免許を取るという方法です。

助産師は妊娠から分娩、産後のケアやアドバイスを行う仕事を担っており、自分の責任を持って分娩の介助と新生児のケアができなくてはいけません。

助産師が行なうケアというのは、予防的な処置から母子に異常がないかを見つけたり、時には医学的な援助を養成することもあります。 もし、医学的援助が受けられない時には、緊急処置を行います。

また、助産師は家庭内や地域の人たちの健康相談や教育を行う役割も担っています。 妊婦さんなどのケアを必要としている人たちだけでなく、多くの人と関わっているのです。

つまり、助産師は女性の健康に密接しており、それに関わる家族や地域社会にも貢献する仕事だということです。

このページの先頭へ